--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11/27(Tue)

なりたい自分って? 

宅建のお勉強をしていたのは、ほんの数か月前なのに・・・
なんだか とっても懐かしい sc03

テレビをほとんど見ない ちびうさ は、ちょいと時間を持て余しぎみですが、この時間がもったいない。

遊ぶ相手もいないしーーーーーーーーー。
何もなければ また勉強でもはじめようかしら と思っております。

で・・・ 次はどうするよ。 まだ迷っております。

とりあえず、今まで取得しているものは~~~

簿記 2級
秘書 2級
英検 2級
色彩検定 2級
FP 2級
社会保険労務士     他にもあったような気もしますが、、、

社会保険労務士 以外は、どれも2級どまり・・・ 中途半端やな~。
一時は簿記1級も目指していたけど、会計学に苦戦して挫折してしまったのです がっくり


あっ 宅建合格してたら、実務講習は受けよ~っと。 
これを受ければ 可愛い宅建主任者さん になれるわ あ



ふと。。。 ちびうさ は、いったい何がしたいんだろ?

今までも そして これからも  「なりたい自分になるために」 自分探しをずっと続けております、、、



でも 「なりたい自分」 って何やろな?




ずっと思っているのは 可愛いおばぁちゃん になりたいんだよな あ




スポンサーサイト
【編集】 |  22:17 |  つぶやき  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2007.11/22(Thu)

宅建学習記録~まとめ(3)~ 

久々の日記です。管理画面が変わってました。
使い方の解らない機能が追加されてます・・・ アップロードファイル

そして久しぶりに このネタ
某受験予備校から、宅建試験の解答解説集が送られてきたので
振りかえりでもやりましょうかね。


人の集中力って、せいぜい もって 30分
それを どう 持続させるか

ちびうさ のお勉強中 に流れていたもの・・・


脳をよくする薬奏 サブリミナル効果による集中力強化脳をよくする薬奏 サブリミナル効果による集中力強化
(2002/03/02)
植地雅哉

商品詳細を見る




サブリミナル効果 を利用した 集中力強化のCD です。

使えるものは何でも使う

「集中力強化」 のCDは自宅にいる時は ずっと流れていたのですが、 ( 就寝時 も ) 
たまにCDをかけていない状況でも 勝手に頭の中で音楽が流れることがありました。

これで集中できていたのかは、わかりません。。。

しかし、他のCDを流したとき
例えば、記憶力効果 のCDを流したときには、 持続力はありません でした。
(こちらも効果はあると思いますが、ちびうさ は 暗記に頼らない学習 を心がけていましたので、こちらは苦手でした。)


おそらく 「パブロプの犬 」 の 「ベル 」 のように、 ちびうさにとって は、
このCDが 学習開始の合図 となり、のちに 「アンカー 」 になったのかもしれません。



ただ、ちびうさは、なかなか熟睡することができなくて、以前は1時間おきに目が覚めていたのです。

がーーーーーー CD を流しながらだと 何故か翌朝まで眠ることができていました。

う~ん、眠りに集中していたのでしょうか(笑)

それとも ただ単に中身のないオツムを使いすぎて、疲れただけかもしれませんね(笑)





【編集】 |  21:15 |  宅建受験・学習記録  | TB(1)  | CM(4) | Top↑
2007.11/17(Sat)

法律を知らないって怖い!! 

労働法のキモが2時間でわかる本労働法のキモが2時間でわかる本
(2007/11/15)
石井 孝治

商品詳細を見る

(他の読者の感想が、既にアマゾンでレビューを書かれていますよ。)

前回のブログで、何故 ちびうさが この書籍 をオススメしたのか・・・
労働関係の本って、本当に難しいんですよ。
それをココまで、気軽に楽しく書かれている本  が珍しい
もちろん それもありますよ。 ただ、それだけではありませんでした。


ちびうさ が社会保険労務士を目指した理由
社会人になって、会社で働くようになり ある事例に直面 して

法律を知らないって怖い!!  

そう思ってしまったんですよ。 理由はココでした。

だから いろんな書籍を探して読みましたよ。しかし難しくって解らない。
また 書籍なんか読むより、てっとり早く誰かに聞きたい。
じゃぁ 誰に聞けばいいの? それも解らなくて泣き寝入り。
みなさんも こんな経験をお持ちでは

今までのこういう専門書においての感想は
法律文の難しい言葉で説明して、じゃぁ具体的に実務ではどうよ・・・
もっと現場に即したものを読みたい!!
もっと簡単に説明してくれて、気楽に読めるものは無いんかい!
って、
ずっと思ってました。
(あっ!!このあたり この本なら解消できるかも? と、ちょっと紹介してみました。)



【編集】 |  08:05 |  つぶやき  | TB(1)  | CM(4) | Top↑
2007.11/15(Thu)

労働法のキモが2時間でわかる本 

ちびうさ が 社労士受験でめちゃめちゃお世話になり、ブログを書くきっかけにもなった
広島の社会保険労務士・石井孝治さん が、このたび2冊目の本

「労働法のキモが2時間でわかる本」 を出版されました



労働法のキモが2時間でわかる本労働法のキモが2時間でわかる本
(2007/11/15)
石井 孝治

商品詳細を見る



ちょっとだけ お先に読まさせていただきましたが、待ってました!! こういう本を
受験生の時に読みたかった・・・・ o(TヘTo)

「労働法」って聞くだけで難くて、避けている人が多いですよね。
正直、この手の本は本当に難しいです。 ちびうさ でも読みづらい。
でもね、この本 なら大丈夫

イラストもたくさんあって、各章のはじめには4コマまんがつき!
そして、誰でも解るように すご~く解り易く書いてあります。
カバーデザインも斬新でしょ
今までに無かった「労働法」の本 です。面白いですよ~ (*^-^)
労働法を知らなくて、みなさんの周りの方も損してるかも しれませんよ!!
労使 (事業主・労働者) だけでなく、多くの方に是非読んでほしいな


また、社労士受験生めっちゃオススメ
というのも、労働法の概要に触れることが出来ます。
一番最初に勉強する科目でありながら、難しいですよね
この本 なら、その辺りを ビシッと解り易く 書いてありますよ。
受験テキストと併用して つまづく前に、コレを読めばバッチリ



ちょっぴり抜粋してみると・・・・
実際にあれ?って思ったり、何処にでもあるような事例が
ストーリー形式で書かれています。

 田中建設に中途入社した26歳新人OLナナの労働トラブル解決奮闘記

 「接待ゴルフは休日出勤になるのか?」
 「休憩時間にパチンコに行くのはマズいのか?」
 「ウチは“美人”を採用します」……そんなのアリですか?」
 「釣り三昧のハマちゃんがクビにならない理由」
 「サービス残業と持ち帰り残業はどちらがお得か?」


どう この目次だけ見ても 面白そうでしょ~。 
 

 ●詳細はこちら 

 労働法のキモが2時間でわかる本 
 
 今回、出版を記念して、
 Amazon購入特典キャンペーンが実施されます。
 11月15日(木)から17日(土)までの間に
 本書をAmazonから購入した人に特典としてプレゼント があるそうです。
 
 その特典は、本書に掲載されなかった「幻のストーリー」をプレゼント。
 この3日間にAmazonで購入した人だけが読めるプレミアストーリーです。
 是非、この機会に特典をゲットして下さいね~


ちびうさ は 続編 が読みたいです~~


【編集】 |  12:00 |  オススメ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2007.11/14(Wed)

願いが叶うおまじない 

お友達の ホッシーさん の日記から勝手に頂いちゃいました~ 

これをやると願いが叶います

こんなこと言われると、こういうの大好きで、どうしても願いを叶えたいものがある 
ちびうさ ですから やらない訳にはいきません・・・

いつも 固い勉強 のお話ばかりなので、たまには リラックス~


そんなに時間は掛かりませんので、みなさんも いかがでしょうか


【編集】 |  18:27 |  つぶやき  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
2007.11/12(Mon)

宅建学習記録~まとめ(2)~ 

今日は元に戻って宅建受験においての勉強 のお話。

ちびうさの通勤手段は ですから、その時に利用していたのが、こちらのCD



右脳で攻略!宅建公式集〈2007年法改正完全対応!〉右脳で攻略!宅建公式集〈2007年法改正完全対応!〉
(2007/05)
東京リーガルマインド七田 眞

商品詳細を見る



どう考えても、この通勤時間・車での運転時間が勿体無いと思ったのです。
ここでも時間の有効活用はないかと・・・ ならば 「音声学習 でしょ~。

しかし、ここに高額のお金は費やしたくない。 メインではないですからね。
ちょっぴり忘れない程度でOKということで、
どの音声教材がベストなのかは解りませんでした。
学習初期の頃に、「オススメの音声教材 はありますか?」
と 先生に質問をして この本ならどうでしょうと提案して頂いたものがありましたが、
結局 購入したものは別なものになってしまいました。

実は書店に行っても見つからなかったのです
最初は音声の部分だけが欲しかったのですが、
どうせなら書籍の中身 も自分の納得のいくものを確認して購入したかったのです。

正直、この音声教材 が良かったのかどうかは解りません。
このCDは、LECさんが過去問解説やテキストで公式として取り上げている「短文」を集めた重要度ABを音声で読み上げていくというものでした。
以前のブログで書きましたが、私が使っていた過去問題集はLECさんのものです。
ですから、関連性があり 私としては、とても使い勝手が良かったです


このCDを最初に聞いたときは 2倍速 ですから、何を言ってるのか解りません(笑)
宅建業法の 4倍速 なんて、ダダダダダって雑音にしか聞こえませんでした(汗;)
「ひゃ~~ 失敗した 」 コレが1番最初の正直な感想。

それが の中で何度も聞いているうちに、慣れるんですよ。
慣れ(習慣)って こわいですね~(笑)
そして自分でも同じペースで読み上げることができるようになるのです。

車の運転中がメインだったので、そこまで意識して聞いてもいなかったのですが、
何処と無く に残っていましたね。
何かの瞬間に、このCDの声が頭の中で回転し始めることもありました。

本試験を迎える最後の1週間は、
毎日1時間 CDを聞くのと同時に、書籍を目で追っていました。
(おそらく、こっちの使い方がこの本にとっては効果があるはずです・・・)

受験生なら解っていただけるのでは?と思うのですが、
ラスト1週間に1科目集中でやりあげていくのって不安になりません?
ですから、CDで聞く科目 と 過去問題集(こっちがメイン)を解く科目を
別な科目にしてました。
1日で2.3科目を回すっていうイメージです。

う~ん・・・ 説明するのが難しい。
こんな感じで通勤時間 を過しておりました。
なんだか中途半端になりましたが、長くなったので このへんで~。


もちろん試験の終った いまは、
これからのシーズン の練習で 流れていますよ


【編集】 |  12:13 |  宅建受験・学習記録  | TB(0)  | CM(5) | Top↑
2007.11/10(Sat)

嬉しくて (TmT) ウゥゥ・・・ 

昨日から、社労士受験生から いろんな報告が届いています。

合格された方、不合格と解って 既に再受験を開始されている方。

こんな私に報告してくださるなんて~~~


ある受験生から こんな言葉を頂きました。

おかげさまで、無事に合格致しました。
本当に、本当に、ありがとうございました!
振り返ると、 サイトのシステム の素晴らしさはもちろんですが、
フォーラムや日記での ちびうささん のご指導こそが、
私が合格できた一番の要因だと思います。
(省略)
本当は、○○まで出かけて御礼を申し上げたい気分です!!


ココまで言ってくださるなんて
嬉しくて メールを読んだ瞬間、涙がでました (TmT) ウゥゥ・・・


仕事・受験勉強・ サイトのお手伝い
シンドイ時もあったけれど、

あーーーーーーーーーー お手伝いができて 本当に良かった


【編集】 |  19:24 |  社会保険労務士・受験  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2007.11/09(Fri)

スタートライン 

この思いは書きますよ

今日は平成19年度 社会保険労務士試験 合格発表日 でした。

受験生でもない ちびうさ も 今日は落ち着かない1日を過していました
昨年の 泣いて泣いて 涙を流しながら 
受験番号を確認した あの日の感動が瞬時によみがえります。
何年たっても、あの日は絶対に忘れません。

今年は合格率が10.6%、4,801人の方が合格されました。
昨年に比べて900人ほど合格者が増え、合格率も2%アップしています。

そして合格基準点が
選択式・・・総得点28点以上、かつ、各科目3点以上
択一式・・・総得点44点以上、かつ、各科目4点以上

選択式、択一式
いずれも科目別の基準点の引下げはなし (救済なし)


おそらく、この 救済なし という基準から 今年も 総合7割以上を得点 しながらも、
各科目の最低基準 を落とし 1点に泣いた 方も多くいたと思います。


実際に試験直後に問題を解いてみましたが、今年は救済はないのでは?と感じてました。
そして、択一は予想していた点数より低かったです。
合格基準が変わるのは、競争試験ですから仕方ないと思います。
しかし、ごめんなさい。
どうしても ちびうさ は昨年と比べてしまいます。
この基準と合格率を見て感じるのは、昨年の問題は何だったのだろう・・・



今年の問題を見ての感想は
「やはり基本が大事!」 この一言ですね。

また各法律の第1条は、その法律における「目的条文」が記載されています。
そこを選択式 (穴埋め) で抜かれていました。
どうしても、学習においては、1条後に続く内容が主になりますが、
専門家となるに当たって目的条文は侮るべからず。
考えてみれば、当たり前。
何のための法律なのか、そこの目的が主となり詳細が各条文に続いていくんですものね。

毎年のようにボツ問が多く、W正解続出
また、昨年は試験会場によって、1点の救済措置が行われたり・・・
「何なんだ この試験」と思っていましたが、今年はそういうこともなくて良かった



とにかく、合格された方 本当におめでとうございます
この試験、簡単に合格できるほど甘くないです。
かなり努力されてきたと思います。充分に今の感動を味わってくださいね。
単に、総合点をクリアすれば良いという試験ではありませんから、
今まで総合7割以上を得点しながらも、
各科目の最低基準を落とし1点に泣いた方も多くいたと思います。
それでも ここまで頑張って合格を掴み取った方々 本当におめでとうございます


惜しくも 今回 合格を逃してしてしまった方 今の悔しさを忘れないで欲しいです。
再受験をするかどうかは、この時期は決められないと思います。
それでも 今回の経験は 絶対に今後生かされるはずです。

実際、ちびうさ も1点に泣き、再受験を決意するまでに時間がかかりましたから。
そして再受験を決めて、「ぶっちぎりで合格する 」と決意しました。


本当は、合格率が高くても、低くても 気にする必要はないのでは?と思います。
自分自身が合格する確率ではないのですからね。
ただ 自分のことを信じて コツコツ頑張ればいい
結果はおのずとついてきます。
受験すれば確率が50%までアップ そして 残りの50%は自分しだい。
自分が合格するかどうかは、いつも50%

どちらの結果であれ、今日は新たなステップのスタートラインです。

あなたの その夢 絶対に手に入りますよ。

諦めることさえしなければ、、、



【編集】 |  20:37 |  社会保険労務士・受験  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2007.11/08(Thu)

ちびうさの体験~社労士受験モチベーション編~ 

☆ 計画・戦略・情報収集 他

『計画・戦略』は学習開始前に一通り立て、
その都度修正をしていく。
学習記録はすべてPCで管理し、
その日に何の学習をしたのか科目の記入・学習時間・科目回転数
(完了日の記入)・問題正答率・使用したお金・自分への励まし
これらを毎日記入しました。
この目で見て解る学習記録は、
直前期の自分への自信につながったと思います。

社労士受験・アファメーション



☆ 『情報収集』

主にメルマガ・ブログ・mixiを利用しました。
合格体験記・インターネットで情報商材も購入しました。
メルマガは、モチベーションUP・問題提供等 多分10個以上は
読んでいたと思います。
直前期は各予備校がポイントチェックを毎日配信されていたので、
ときに消化不良になる時も・・・ 
それでも本試験までには、すべて目を通しました。
問題提供のメルマガは、間違えた問題のみを集めた別フォルダーで管理。仕事中のほんの少しの空いた時間で、少しでも多く問題を解く。



☆ 『直前期の入浴』

科目回転時(12月~5月)に、間違えた問題を抜粋して科目ごとに
ワードで入力していました。
また、問題提供のメルマガで間違えた問題・理解できない問題も
ワードにコピーしていました。
そのため、直前期までには自分の弱点だけを集めた問題集が
出来ていました。
その問題集と鉛筆をお風呂の中に持って入り、
今日はこの科目!と決めたら、全部解けるまで上がってこないと
自分で決めていました。
その他、労働経済や苦手意識をもっていた科目は、
シャラランの該当ページを印刷し入浴時に読み込みをしていました。
湯で濡れてしまっても、新しく印刷すれば良いだけですので、
テキストを持ち込むということに対しては抵抗はなかったです。
多分、この直前期の入浴時間はいつもの倍以上の時間だった
と思います。
時には長時間すぎて気分が悪くなったりもしていましたね(笑)



☆ 『お勉強のお供』

学習時にはぶどう糖を 口に入れてエネルギー補強をしていました。
その他、DHAも毎日摂取していました。
勉強中はサブリミナル効果があると言われる「集中力増強」の
CDをかけていました。
「集中力増強」のCDは自宅にいる時はずっとかけていたのですが、
(就寝時も) 
模擬試験の試験中など、CDをかけていない状況でも
勝手に頭の中で音楽が流れることがありました。
これで集中できていたのかは、わかりません。。。
ただ、以前は1時間おきに目が覚めていたのですが、
CDをかけながらだと何故か翌朝まで眠ることができていました。
う~ん、眠りに集中していたのでしょうか(笑)


☆ 『モチベーションアップ』

特に目立ってやったことはありませんが、
毎日自分への励ましを記入しました。
ブログ・メルマガでのお気に入りの言葉は、
他へコピーしいつでも確認できるよう、会社と自宅PCにそれぞれ保存。
また最終模試では、ランキングも良かったので、自信が無くなった時には、成績結果をよく見ていました。
お墓参りも毎月1度はかかさず行き、
直前期で不安な時は1週間おきにでも行きました。
なんとなく、お墓参りに行くと落ち着いたのです。
(ちなみに、試験後も毎週必ずお墓参りに行っていました。)
合格祈願で大宰府天満宮に行った時購入した、
お守り・おみくじもよく眺めていました。
おみくじは幸運にも『大吉』 
【学業】勉強・試験すべてうまくいく 
(コレ、めちゃめちゃ嬉しかったですよ)
受験票が届いてからは、「たこ」の下に受験票を置き、
毎日手を合わせていましたね。
な~んか、物に頼ってばかりですが、
今年はいろんなことをガマンして、ただひたすらに勉強を続けました。
藁をも掴む思いとは、こういうことだったのでしょう。


振返ってみれば
この3年目に合格した年と違って、
1年目・2年目はここまでの強い思いは無かったかもしれません。
最後まで諦めない、そして自分の合格を信じ疑わない。
ただ、そのことだけを心に留めて学習を進めていく。
これが合格を掴み取るために、最も簡単にできるはずなのに、
なかなか実行に移すことが難しい肝心なことだと思いました。


この3年間の受験勉強では、もちろん法律に対しての知識も
身についたけれど、 何事も諦めないという根っこの忍耐力・集中力・
周りへの感謝・ 仲間の大切さ・・・ など多くの副産物を手に入れました。
最も嬉しかったのは仲間♡
そして、自分自身が一回り精神的に強くなれたような気がします。
ありがと~~.+.(♥´ω`♥)゜+.゜


【編集】 |  21:30 |  社会保険労務士・受験  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.11/08(Thu)

ちびうさの体験~社労士受験勉強編~ 

はじめに。 2006年社労士受験は3度目のチャレンジです。
これは合格した年の学習のキーになってるかもしれません。
3年の道のりは 通信→通学→通学
通学は2年間同じ学校・同じ講師の授業でした。

通信の時は、社労士試験というものに対して考えが甘く、
合格した年に比べて全くと言っていいほど勉強していません。
ですので、学習状況は省略します。


☆ 通学(1年目)
プレッシャーに悩まされました。 
前年少し勉強していた為、 問題重視の勉強となってしまいました。
終わってみて計画の甘さを実感しました。

択一式問題集(学校教材)・・・各科目5回くらい
選択式問題集(学校教材)・・・各科目3~4回くらい
過去問題集(学校教材)・・・ 8年分? 3回くらい   
テキスト・・・ 間違った部分を重点的に再確認のみ  
回転数は覚えていません。
模擬試験・・・ 自校3回, L○○2.5回
(L○○3回目は択一式を放棄してしまいました)

それでも、学校の定例試験・模擬試験では良い成績だった方 だと思います。
最終模試7月末時点で、基礎が抜けている事に気付き慌ててテキスト回転重視に変更。 テキストに戻るのが遅すぎ基礎問題が点数に結びつかず、本試験・択一1点足りずに不合格。



☆ 通学(2年目)←←← 合格年!!
この年はテキスト重視の勉強 及び 『計画・戦略』 『情報収集』 に 力を入れる。

問題集も前年と同じ問題集を利用のため、重複問題が多い。
過去問題集のみ前年と違うものを利用
(東京法経学院・シャラランを利用、学校の過去問題集は H17年分1回のみ利用)

択一式問題集(学校教材)・・・各科目2回くらい 
(間違った問題のみ更に2.3回 解けるまで)

選択式問題集(学校教材)・・・各科目1.5回くらい

過去問題集・・・ 2種類利用して、合計7回

テキスト ・・・ 2種類を利用して合計 最低7回以上 
(早くから配られた科目は10回を超えています)

模擬試験・・・ 自校3回, T○○3回

総学習時間 ・・・ 958時間 
(通勤時間・車中は除く) ←←T○○のカセット講義を聴いていました。



☆ 択一式問題集について
私は学校教材を利用していたので、具体的に補足しておきます。

択一式問題集は、
すべて1問1答で過去問題から抜粋したもの及び オリジナル問題が散りばめられています。

他校の問題集が不明ですので、 この学校で配られたものが多いのか少ないのかは解りませんが、一応、科目別の問題量を書いておきますね。 
私としては、多いなぁという感想でした。

問題集は見開きで、左が問題、右が解答解説といったところです。
解説はテキストの該当ページの記載もありましたので、 間違った場合の確認もすばやくできます。

労働基準・・・・・410問
安全衛生・・・・・132問
労災・・・・・・・・・387問
雇用・・・・・・・・・354問
徴収・・・・・・・・・289問
労働一般・・・・・183問
健康保険・・・・・512問
国民年金・・・・・522問
厚生年金・・・・・491問
社会一般・・・・・143問   (正答率の記録から記入しています)

その他、法改正・労働経済白書でも少しですが、問題集はあります。
これ以外に過去問題集・選択式問題集が配布されました。

講義では、毎回ミニテストと言われるものを必ず行い各10問。
各科目の最終講義は定例試験(実力テスト)が行われます。
択一式対策として、このあたりの問題を解きました。

この年、問題集の回転数はその前年より少ないのですが、
前年とほぼ同じという観点からの結果です。 
この択一式問題集を1回転するだけでも、 かなり時間がかかってしまいました。




☆ 『講義を受けるに当たって~予習・講義中・復習~』
・・・たぶん、みんなやっていることだと思います。

必ず予習を行いました。
前年と同じ学校・同じ講師ですので無改正部分はテキストも講義も似てましたね。
予習時に前年のテキストと比較しながら前年記入していたポイントは新しいテキストに書き込む。
ここである程度改正部分も解りますよね?

アンダーライン・ポイントもこの時点で記入しておく。
(蛍光ペンは利用しない)

アンダーラインの色は、原則は赤色・例外は青色 とすべて統一。
曖昧な部分・予習時で問題を間違えてしまった部分はテキストに付箋を貼っておく。

講義中では、特にこの付箋部分を重点的に聞き、常に講師の話を聞き漏らさないように気をつけました。
1コマ=2.5時間×2回 を 1日で行うと、 時には集中力もなくなりますから、
絶対に聞き漏らさない部分と、既に理解している部分とで、 2.5時間内でもメリハリをつけていました。


復習においては
目次・表題を見て、自分で解説するようにその部分のキーポイントを 自分なりに用紙に記入する。

ここで思いつかなかった部分・間違った部分が、自分の学習において抜けている部分。そこを重点的に再度テキストの読み込みに努める。

ここではキーポインとなるものの多くは、大きめのポストイットに記入して該当テキストページに貼る。

そのキーポイントでまだ覚えきれていないものは、直前期にテキストの表紙裏へ移動。

時間のない時には、この表紙裏のみの確認でOK。

要するに、
単語カード等を使う代わりに、ポストイットを利用したというだけです。

覚えきれないものはペタペタといろんな所に貼っておく。

科目で重複するもの・間違えやすいものは、科目が違ってもそちらのページに貼る。

最終的に、本試験ではこのポストイットのみを集めて持って行く形となりました。




蛍光ペンを利用したのは、最後の2ヶ月くらいだったと思います。

蛍光ペンも色に注意しました。
むやみに色をつけるのではなく、自分の曖昧な部分のみに色づけ。

色はすべて統一
義務規定・増加・上昇ならオレンジ、
努力規定・例外・減少・下降ならグリーン など。

その為、直前期テキストを開いた時に、自分の弱点・注意点が一目でわかりました。

労働経済においては、特にこの蛍光ペンの色の統一は役立ちました。
ここの問題は詳細の数字は知らなくても、傾向さえつかめれば問題が 解けることの方が多いです。
問題文を読みながらテキストを思い浮べ瞬時に判断できるよう、色でイメージづけ しました。

合格年の択一式・労働一般はすべて労働経済からでしたので、おかげで大変役に立ちました。



社労士受験・回答用紙


写真はガムを写したかったのではなく、隣の紙束。
ガムは単なる比較の為。この束 約7センチです。

これ、すべて私が受験勉強で使用した回答用紙で残っていたものです。
(1月くらいから保存を始めました)

A4サイズ又はA5サイズを利用して表裏共に使用しました。
(写真はA5サイズにしています)

択一式回答用紙も工夫しました。
普通に答えを○×で記入するのではなく、
×ならばその理由
○ならば気をつけるポイントをそれぞれ1肢ずつ記入できる
ようにしていました。

選択式では
本試験のように下記語群から選ぶのでは無く、 記述式のように実際に回答を記入していきました。


下の方は赤ペンだらけ、これが徐々に訂正なく正答率が高くなり、
赤文字が無くなるのが嬉しかったです。

【編集】 |  21:13 |  社会保険労務士・受験  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.11/06(Tue)

宅建学習記録~まとめ(1)~ 

ブログ名を変更する前に、宅建受験においてどんな学習だったのかを残しておきます。

私が使った問題集はこのシリーズ


2007年版出る順宅建 ウォーク問過去問題集2 宅建業法 (出る順宅建シリーズ)2007年版出る順宅建 ウォーク問過去問題集2 宅建業法 (出る順宅建シリーズ)
(2006/12/06)
株式会社東京リーガルマインド LEC総合研究所 宅建試験部

商品詳細を見る



6月18日から学習を本格的に開始し、学習期間は約4か月。
過去問題集メインの学習でした。

回転数を記載しておきますと

権利関係 ・・・ 6回転
宅建業法 ・・・ 8回転
法令上の制限 ・・・ 7回転
税・その他,5点免除 ・・・ 5回転

とにかく過去問題集を回転させ、記憶の定着に努めました。
受験勉強に関する本では、最後はテキストに戻れ というアドバイスもありますが、
私としては宅建受験に関しては、過去問題集重視の方が良いのでは?という戦略です。
(コレが良かったかどうかは、現状では解りません。 きっと成功だったに違いない

と いうのも この試験に関する法律については無知ですし、学習期間4か月ですから
テキストを熟読して、きっちりつめていくという時間 が無かったのです。
もう 1.2ヶ月あれば、テキストの熟読に努めたかもしれません。


問題文を読み、どのように問われているのか?
どうひっかけようとしているのか?
そこに着目し、特に注意 していました。


また、問題を解くときには、
単に○・×だけの判断ではなく、自分での理由づけ。
(何処が間違っているのか、きちんと自分の言葉で説明できるか?
ということにも気をつけていました。)

そして、難しい問題は さっさと見切りをつける勇気
そんな問題は合否には関係ありませんからね。
基本問題を落とさなければいい
ですから、難問が解けなくても そこに時間を使うことは無かったです。
無理に理解しようとはしていませんでした。
限られた学習時間の中で、どうやって基礎を固めていくのか。
そこを考えて学習していたような気がします。



(もし、社労士取得に向けて勉強されている方が、このブログを読まれているのでしたら、
社労士受験に関しては直前期はテキストに戻れ をオススメします。)




【編集】 |  20:20 |  宅建受験・学習記録  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。