--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.10/30(Sat)

どんな未来を創造しますか? 

ブログ経由で、1通のメールが届きました~☆

そして、お返事を書きました。

その返信メールで、相手の方は

『ほっとしました。・・・・カウンセリングを受けているみたい』

と言ってくださいました。この言葉がとっても嬉しくて~


カウンセラーを目指しているわたしに、自信をくださいました。

ありがとうございます




つい先日も、セラピスト研修で 『うさちゃんの言葉で「溶解」が始まりました』

と言ってくださった仲間もいました。これも、わたしが目指している姿です。



春先の木漏れ日で、

ゆっくり雪解けが始まるように

凍りついた心を、固くなった心を、ゆっくり温かく解かしていく。




そんな未来を想像しています



このブログ・・・

社労士と名乗っているのに、その類の記事はほとんど書いていません。

当初は、社労士としての夢もいっぱいありました。

いや、今もありますよ。もちろん!!


だけど、社労士というのを前面に出すのはよそうと思ったのです。

ブログ名の変更も考えたのですが

今から社労士を目指す方の、1つの選択肢にもなるかと。

こんな社労士がいてもいいじゃないって



社労士試験合格後、様々な勉強会に出席しました。

いろいろな方に出会い、いろいろな方のお話をきく機会があり

とても感謝をしています。

このご縁というものは、本当に有難いと思っております。



だけど、同時に

自分自身を見失ったというか、自信がなくなってきました

活躍している先輩方や同期をみていると、わたしには何もない今のままではいけない

そんな不安もあってか、自己啓発と称して資格取得も目指しました。



独学というものがどんなものか

受験生サイトをお手伝いする身として、体験したかった。

巷で言われている、アファメーションの効果も確かめたかった。

こうやって、自分自身が実験台となって、いろんな体験をさせて頂きました。


だけどね、いろんな経験をして気づいたものもありました



自分を誰かと比較したり、競争したりすること

そういうのは無意味だということに。



自分が何をやっているときが楽しくて

どんな時に心穏やかに過ごせるのか?




ようやく、ようやく、わかったのです



気負わなくて、何もしなくても、ただ自分の言葉を発することにより

周りの方の心が緩んでいくこと

その姿をみることが、とっても嬉しいのだと


そして、それが1番自然体の自分でいるということを。


そう、気負わなくても・・・

自分には何もない」と言っていた、かつてのわたし。

すでに持っていたのです。

そこに気づいていないだけでした



わたしの背中には、たしかに翼があって、

時折その翼を広げて自由に飛んでいるということを。

その姿を想像するだけで、ワクワクして、真ん丸笑顔になっていくことを。



ここに気づくまでに、数年かかりました。

だけど、この経験は貴重なものであり

他の誰も、全く同じ経験はしていないということ。



その都度、その都度、いっぱい悩みましたが

どの決断をしたのも、すべて自分自身です。

後悔なんてしていません。(キッパリ!!)

わたしには、必要な経験であり、必要な時間だったのです。

心からそう思うことができるようになりました☆



たとえ、今と違う道を選んでいたとしても

きっと・・・最終地点は同じなんだと思う。




だって、心の中で想い描く未来は同じ なんだから




スポンサーサイト
【編集】 |  11:20 |  つぶやき  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
2010.10/20(Wed)

バラバラ大作戦!! 

テキストを・・・バラバラにしちゃった


バラバラ


テキスト解体



だって・・・

全部あわせると、3cm位あって、持ち運ぶのに大変だったんだもの。



今回はバラバラにしたあとに、製本テープで工作 をし

それなりに テキストらしく したつもりです。

はい。手間はかけました



これなら何処にでも持ち運べるしーーーー。

勉強はかどること間違いない!!



1月の試験に向けて、がんばるぞーーーー





【編集】 |  20:53 |  産業カウンセラー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.10/17(Sun)

モード切替 

今日は産業カウンセラー試験の倫理対策で博多 に行ってきました。

講義内容は・・・

うーん、、、受講しなくても良かったような。。。


今日の受講生は、通信制受講者のみならず、

通学(昼)(夜)の受講生と一緒だったので

知らない方がいっぱいでした。 

総勢100名くらい?



今日の講義を受講している中で、わたしの仲良しさんも少なくて

ちょっと淋しい。。。

唯一、長崎の子が1人いたので 一緒に並んで勉強していました。

しかも一番前の席^^

だけど・・・試験対策らしい内容はほとんどなくて、眠かった。。。

その辺りは、9月の申込の時点と主旨が変わったと、最初に説明はありましたが。。。



この試験、昨年から試験作成者が変わったのでは?という情報が

昨年の受験生で、過去問題が役に立たたなかったという意見があったそうです。

この話は、わたし自身も耳にしたことがありました。

うーん・・・

それでも過去問題から出題傾向を把握し、その後はテキストの読み込みですよね



試験願書も昨日届いたし、そろそろ本気モードで勉強をしなくっちゃ。


モード切替

この最初の1週間が1番キツイですね。

そこを越えれば、自分のペースが掴めてるはず。



絶対 一発合格 するんですもの。

しっかり戦略をたてながら、がんばりまーす







【編集】 |  21:05 |  産業カウンセラー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.10/13(Wed)

労災だからお給料が全額? 

知り合いが会社でケガをしたとのことで、Bさんからお話を聞きました。
Bさんは、ご自身の知識を確かめるようにお話してくださいました。


ケガをした人 Aさん
お話をしてくれた人 Bさん


Aさんは、会社で仕事をしているときに、ケガをしてしまったらしいです。
右手指の骨折(中指or薬指)、全治2ヶ月


ケガをしたAさんは、

「労災だからお給料が全額もらえる。だから2ヶ月お休みしようかな。
診断書も書いてもらったし。」


と言ったらしいです。


Bさんは、

休業なんて無理。休業って、入院等をして動けない人が対象だと思うよ。もし、休業したからといっても支給されるのは6割だよ。」

と言ったらしいです。



さて、どちらが正しいのでしょうか



うーん・・・曖昧な法律知識は、恐ろしいなーと思ったのであります

というより
ケガに大きいも小さいもないのですが・・・指の骨折で休業を考えるかなー。。。
わたしは、こちらの方に驚きました。。。(これはわたしの勝手な価値基準ですので、スルーしてください。)



まず、診断の「右手指の骨折、全治2ヶ月

指の骨折です。
その他の指は負傷していませんし、足も全く負傷しておらず、自由に体を動かすことができます。

だから、通常の業務につくことはできないかもしれませんが、他の軽易な業務等は可能だと思われます。
ということで、休業したとしても休業補償給付の受給は無理でしょうね。


頭っから否定してしまいました。



そして、仮に休業したとして休業補償給付(所得補償のこと)が支給される要件は

「労働者が業務上の負傷又は疾病による療養のため労働することができないために賃金を受けない日第4日目から支給するものとし、その額は、1日につき給付基礎日額100分の60に相当する額とする。(後段、省略)」

休業補償給付は6割支給なんです。
特別支給金という制度もあるけれど、ここから支給されるのはプラス2割。
合計でも8割支給です。(給付基礎日額の説明は省略)

賃金を受けない日第4日目とありますから
最初の3日間は、会社の使用者責任という考え方のもと
法律上の使用者が補償しなければならないのは休業手当としての6割


したがって、
Aさんが会社を休んだとし所得補償されているのは、「最低でも6割、上限は8割」ということになります。
(かなり言葉を割愛していますので、ご了承ください。)



また「労働者が業務上の負傷又は疾病により療養していること」とは

単に安静にしているだけではなく、積極的に医師などにかかって治療を受けていなければ療養しているとは認められません。



まだまだ奥深く説明することはあるのですが・・・

Aさんの主張は、すべて間違っていることになります。
Bさんとの会話があったから、お休みという結論には達しませんでした。
(最も、会社がこの件で休業させるかどうかは疑問ですが・・・)



もし、Aさんがお休みした場合は、どうなったのでしょうね?

会社からは、お給料は支給されず・・・
労災保険からも「休業補償給付」も支給されず・・・
労災保険の「休業補償給付」が支給されないからといって、健康保険の「傷病手当金」も支給されないよな・・・



曖昧な法律知識がどれだけ恐ろしいことか。
改めて実感した出来事でした。。。



今回は療養費(医療費のこと)については
全く記載しておりませんが、ココも落とし穴はありますので、ご注意ください。





【編集】 |  18:43 |  社会保険労務士  | TB(1)  | CM(0) | Top↑
2010.10/08(Fri)

「あきらめない」 ということ。 

産業カウンセラー講座の受講もあとわずか。

実技講習も先月終了し、倫理課題もすべて終わりました。


レポート・問題演習と全部で10回の提出があり

倫理問題は、それぞれ正答が6割以上でなければ単位の取得ができません。

そんな中で、絶対に100点を採ってみせる  と宣言していたにも関わらず

http://chibiusa1109.blog106.fc2.com/blog-entry-498.html

いつも数問間違えてしまい、毎回悔しい思いをしていました

本日、最後の演習問題の返却がありました。







最後の最後で 100点 が採れました~


100点


本当に嬉しくて


あきらめないって、こういうことなんだなーと思いました。



毎回、悔しい思いをしては、次回こそはと自分を奮い立たせ

その繰り返しでした。



某ブログでは、試験勉強に向けて エンジンがかからない と言ったばかりでしたが

この100点 を見て、めっちゃエンジンがかかりました~。

とっても単純です。

来年1月の試験に向けて、がんばります



ちなみに、今までの演習課題

Ⅰ・・・89点
Ⅱ・・・84点
Ⅲ・・・56点(Ⅲ、Ⅳ合計で86点)
Ⅳ・・・30点(Ⅲ、Ⅳ合計で86点)
Ⅴ・・・96点
Ⅵ・・・96点
Ⅶ・・・95点
Ⅷ・・・100点

でした☆

今まで本当によく頑張りました


【編集】 |  19:51 |  産業カウンセラー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。