--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.02/16(Wed)

あこがれの年金手帳 

やっと自分の 年金手帳 が手に入りました~☆

社会保険労務士であるにも関わらず、実は年金手帳を持っていませんでした。。。


年金手帳・・・

誰でも交付されていると思いきや

わたしのように、厚生年金加入者であっても、持っていない人もいるんです。。。



ちびうさは・・・

19歳共済年金 に加入したため、国民年金の第2号被保険者となりました。

その後、国民年金第1号被保険者、第2号被保険者となったのですが

この時点でも年金手帳は交付されませんでした


もし、19歳で厚生年金保険に加入していたら、年金手帳は交付されていたはずです。



年金に詳しい方ならご存知でしょうが

共済年金は、国民年金 第2号被保険者 でありながらも

手続き・支給業務は独自のシステムを持っているため、国民年金手帳の発行は行われないのです。



*国民年金の第1号被保険者は20歳から加入します。
だから、この時点で学生や何処にも就職していなければ、自動的に年金手帳は送られていると思います。




もちろん、ちびうさは

第2号被保険者であるため、国民年金の番号は持っています。

「基礎年金番号通知書」

というものが発行されているから。


基礎年金番号通知書



だけど、この通知書 年金手帳と同じ大きさの紙1枚 なので失くす可能性は高いと思います。

手帳のように冊子になっていません。


ちびうさは現在、厚生年金加入者ですが、

今までの手続きはすべて「基礎年金番号通知書」で行っていました。

そう、この紙1枚で行うことができるのです。



だけど、やっぱり手帳が欲しいなーと思い、(手帳があるのが当たり前です )

再交付申請書 を提出したというわけです。



会社の社会保険手続き業務は、わたし自身が行っているので

ちびうさ自身が記入して、事業主印を押すだけです。


もちろん、交付理由は 「紛失・破損(汚れ)」 ではなく、「その他」 としました。

そして最初の勤務先は 「○○省」


何も問題なく、すぐに発行されました



とっても嬉しくって~

厚生年金加入10年以上にして、やっと

やっと、あこがれの年金手帳 を無事に手にすることができました。



よーく確認 してみると

今は 「日本年金機構」 と書かれているんですね。(当たり前だけど)

特別に意味はないけれど、なんだか嬉しいです


年金手帳




スポンサーサイト
【編集】 |  17:10 |  社会保険労務士  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.02/09(Wed)

気になる条文 

産業カウンセラー試験で、未だに唯一ひっかかっている問題があります。

先に記事にもしましたが

問題用紙も回収されてしまうため、正確には覚えていません。。。


その1問とは、 【労働契約法】 がらみの問題です。

「労働契約法第3条に記載のないものは、どれか?」 だったと思います。



改めて、条文を確認 してみると

労働契約法第3条 「労働契約の原則」 が書かれています。


第1項
労働契約は、労働者及び使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、又は変更すべきものとする。

第2項
労働契約は、労働者及び使用者が、就業の実態に応じて、均衡を考慮しつつ締結し、又は変更すべきものとする。

第3項
労働契約は、労働者及び使用者が仕事と生活の調和にも配慮しつつ締結し、又は変更すべきものとする。

第4項
労働者及び使用者は、労働契約を遵守するとともに、信義に従い誠実に、権利を行使し、及び義務を履行しなければならない。

第5項
労働者及び使用者は、労働契約に基づく権利の行使に当たっては、それを濫用することがあってはならない。



1項~3項については 「~すべき」 という訓示的規定ですが
4項及び5項は 義務規定 とされています。



条文を見直しても、どんな問題だったか記憶にございません

ただ、これらの条項は記載があったような気がしています。

仮にそうだとすると、訓示的規定と義務規定を入れ替えて問題作成をされていたのかなー?


わたし・・・この問題は正解したのでしょうか?

既に試験が終って3週間が経過しているのに気になっているのでした。



あっそうそう、他には ドラッカーの問題もありましたよ。

やはり この書籍の流行でしょうか?

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る



これらの問題は、合格するには関係のない、捨て問題 とは思うのですが・・・

どの試験でもそうですが、大切なのは 「基本問題を落さない」 ということですよね




【編集】 |  09:42 |  産業カウンセラー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。