--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.12/15(Mon)

2時間で“キモ”を伝授 

みなさま ごきげんよ~jumee☆LoVe3
今日は ちびうさ の師匠が2時間で“キモ”を伝授してくださる耳よりの情報です☆

前回、ある書籍が発売されたときに とっても面白かったので続編が読みたいな~と書いたのですが、
なんと この度、姉妹本が出版されたのです   ちびうさ の願いが叶ったのです

ちびうさの願いが叶ったもの
今回の表題にしている “キモ”を教えてくださった書籍 名づけて

「社会保険・年金のキモが2時間でわかる本」

社会保険・年金のキモが2時間でわかる本社会保険・年金のキモが2時間でわかる本
(2008/12/11)
石井 孝治

商品詳細を見る


何処かで見たようなタイトルですねsc03

覚えていらっしゃるかな~。

前回の
労働法のキモが2時間でわかる本 同様、4コマ漫画付でストーリータッチで
しかも!! 前より面白くなってます


社会保険って・・・

年金って・・・

知っているようで、意外と知らない sc04

そして、ちょっと調べるとなると 専門用語がいっぱいで何が書いてあるのか解らない。。。
昨今の年金問題にしろ、お役所に任せておいて大丈夫でしょうかね。。。
会社の給与明細って、引かれものが多いけれど どうなってるの。。。etc

そんな疑問を持ったことはありませんか


と、いうより そんな話題に興味ないって・・・ 謝罪~!

ちょっと待ったーーーーーーーー。  ホンマにそんなんでいいの


少しでも多くの方に 社会保険 や 年金 の知識 に関心を持って頂き
少しでも 自己防衛 に役立てていただきたい。
そんな想いの詰まった書籍


制度を「知らなかったばかりに損をした」 という
経営者 や 労働者 がいなくなればという 著者の願い も込められており
とても解りやすく書かれています にこり


あのね。。。 ココだけの話 「損をした!!」 って、実際にあるんですよ~。 
著書の中にも書かれていますが、保険給付って請求しないともらえないんですよ
ご存知でした? 
そして、その請求できる保険給付って、何があるかご存知ですか?
ちびうさ も時折、請求もれ や 間違い を発見して喜ばれることがあるのですよ jumee☆LoVe1



今回は特別に本書の専用サイトとして以下が開設されてます。

 「社会保険・年金のキモが2時間でわかる本」オフィシャルBLOG

  http://www.kimo2.net/

是非 こちらのサイトものぞいて 見てね。 ちょっと おトク情報 があるかもよ




どうしよっかな~。 言っちゃおっかな~

えーーい!! 言っちゃえー

ちびうさ は続編が読みたい!!

石井さん よろしくーーーーーーーーあ


スポンサーサイト
【編集】 |  07:31 |  オススメ  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

●有りますなぁ

>制度を「知らなかったばかりに損をした」 という

よく言われますよ…その為の専門家なんだから

>ちびうさ は続編が読みたい!!

じゃなくて、自分から発信しないと(笑)
おきらく社労士 | 2008.12.15(月) 18:50 | URL | コメント編集

●☆おきらく社労士さま

そうでした!!
自分が発信できる立場であることを忘れておりました(笑)

勤務登録って、社内の出来事に関しては敏感なんですけどね。
まだまだ甘いってことですね。

あれっ 真面目ブログでのリンクはされないのですね♪

ちびうさ | 2008.12.16(火) 16:34 | URL | コメント編集

>あれっ 真面目ブログでのリンクはされないのですね♪

あれは、マニアックな方の為のブログですから(^^ゞ
おきらく社労士 | 2008.12.16(火) 20:28 | URL | コメント編集

●☆おきらく社労士さま

>マニアックな方の為のブログですから(^^ゞ

そうなんですね!!

では 開設された当初・・・
リンクを探し出して、読んでいる私もマニアックですね(>▽<;;
ちびうさ | 2008.12.16(火) 20:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。