--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.02/16(Mon)

ルーチンワーク 

先日、病院へ医療費を支払いに行ったところ


会計課の女性が 帰り際に


「お大事に」


と、さらりと言った。


普段ならば、何でもない決まりきった表現に
「ありがとう」 の一言でも添えるのですが


それを耳にした ちびうさ母 は怒った。


あわてて女性もお詫びを言われたのだが・・・



その女性は、おそらく医療費の支払いをされる方へは、
いつもと同じように、日々決まったことをし、ルーチンワークのように淡々と業務をこなし
ついつい 「お大事に」 と言ってしまったのだと思う。



だけどね・・・ その支払い請求書には・・・


「死亡診断書」


と書かれているんですよ。



その支払いをしているのは誰?


それを支払うのは・・・ 


ちょっと考えれば解ることだと思うけれど。



その遺族に対して、お大事に???


もうちょっと 別な表現があるよう気がする。


ルーチンワークとして、日々業務を行ううえでも、もう少し 心 を入れて欲しかった。。。



スポンサーサイト
【編集】 |  18:36 |  つぶやき  | TB(0)  | CM(6) | Top↑

Comment

お母様が怒るのも、当たり前です。

しかし、よ~く考えたら自分自身もそのようなことを言ってる可能性は否定できません。

日々、勉強ですv-218
のりっぺ | 2009.02.17(火) 21:17 | URL | コメント編集

●心遣い

 コメントしづらいシチュエーションでのできことですね...。
 頭や心をあまり「使う」ことをしなくていいように、いろんなことがマニュアル化されていますが、ちょっと気をつけて、心を「遣う」ことを忘れないようにしたいと思いました。
丸い月 | 2009.02.17(火) 22:04 | URL | コメント編集

●☆のりっぺさん

そうですね。
きっと、自分自身もそうしているのでしょう。

自分の顔が自分自身で見ることができないので
周りにいる人が判断材料になるのと同じで
自分の態度や心の中も、
相手があって初めて気がつけるのかもしれませんね。

ちびうさ | 2009.02.19(木) 13:15 | URL | コメント編集

●☆丸い月さん

「遣い」と「使い」の違い。
そこに目が向くとは素晴らしい発想ですね。
ありがとうございます♪

今回は、嫌な経験もしたけれど
それがあって再度思い出し、気がつくことができました。
そんないい体験でした^^

ちびうさ | 2009.02.19(木) 13:18 | URL | コメント編集

相手が何を感じているのか。

何をして差し上げたら、気持ちを満たしてもらえるのか。

世知辛い世の中だからこそ、
いつまでも、そんな「想像力」を忘れないようにしたい。

うささんのブログを読んで、新たに気持ちを新たにしました!

いしちゃん | 2009.02.26(木) 23:52 | URL | コメント編集

●☆いしちゃんさん

返信遅くなり、ごめんなさい。


>気持ちを満たす

その背景が見えなければ、なかなか難しい時がありますね。
ですが、自分の解る範囲で心を込めて対応したいですね。


ちびうさ | 2009.03.02(月) 09:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。