--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.08/24(Mon)

あおぞらの星 ― 夜回り先生と考える 

会社の読書 タイムの感想文 第3回目

これは私の備忘録。
提出した感想文 そのままなので、口調がいつもと違うかも・・・




 著者「夜回り先生・水谷修さん」と言えば、多くの方がご存知だと想う。わたし自身も、この著者の書籍は既に4冊読んだが、今回のこの書籍「あおぞらの星 ― 夜回り先生と考える」が一番心に響いた。


あおぞらの星-夜回り先生と考えるあおぞらの星-夜回り先生と考える
(2007/05/19)
水谷 修

商品詳細を見る




  夜間高校に勤めながら、20年以上夜回りを続け、多くの子どもたちと接してきた先生。この書籍は、様々な角度から読むことができると想う。
例えば、大人という立場・子どもという立場・社会と関わるという立場・現代社会の様子・・・その中で、わたしは「アダルト・チルドレン」という立場で読んだとき、深く心に響いた。現代社会では、身体は大人の大きさであっても、こころ・精神面がそれに伴っていない、所謂「アダルト・チルドレン」が多いことに気づく。わたし自身もそうであると感じる。
どうして「アダルト・チルドレン」が生まれてしまうのかは、ここでは割愛するが、この書籍の中で一番すきだった部分を残しておこうと想う。





【More・・・】

☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。゚・:,。゚・:,。☆

不登校になっても、夜の世界に入っても、自分を傷つけても、今はいいんです。
そこまでなるには、それまでの生きてきた日々の中に、
そこまで君たちを追い込んだ何かの理由があります・・・

(省略)

まずはすべてを、自分に対して 「いいんだよ」 といってあげて、受け入れ・・・

(省略)

今を悩んでいる子どもたち、過去や今に苦しんでいる子どもたち、
今日を君の誕生日にしませんか。
過去や今を捨てて、新しい明日をつくるために。
今日から一日一日を、君たちの10年後、20年後のために生きてみませんか。
肩の力を抜き、美しいものをたくさん見て、のんびり生きてみませんか。


☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。゚・:,。゚・:,。☆


この文章を目にしたとき、なんだか救われた気がしました。「すべてを受け入れる」って、簡単なようでいて、なかなかできないのが現状。そんな中で、こんな すべてを受け入れてくれる先生がいる日本って、いいなーって。まだまだ捨てたもんじゃない。
だから、どんなことが起きたとしても、また今日から立ち上がればいい。
そんな風に思えたのは、久しぶりだったのです。

お誕生日 おめでとう


スポンサーサイト
【編集】 |  10:37 |  感想文  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。