--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.12/04(Fri)

自分のペース 

今から他県に移動して、6時間のゼミナール研修。

しかも講師は、現役 弁護士。。。

ちょっと緊張ぎみ。


それでも今日から2日間+来週1日

がんばります。


そして、その後は いよいよ試験。

あと少しです。


最後まで自分のペースを守ってやればいいだけ。

自信をもって☆


スポンサーサイト
【編集】 |  10:58 |  紛争解決手続代理業務試験受験  | TB(0)  | CM(6) | Top↑

Comment

●僕も・・・

そうそう。

気持ちを入れ替えて。

来週は。

でも、今日の弁護士、ちょっといただけなかったなぁ。
かなち | 2009.12.05(土) 19:55 | URL | コメント編集

●☆かなちさん

自分のやってきたことを信じて

あと1週間もありますから

体調には、くれぐれも気をつけて頑張りましょう☆
ちびうさ | 2009.12.05(土) 21:41 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009.12.06(日) 11:59 |  | コメント編集

●☆管理人のみ閲覧のKさん

ご連絡ありがとうございます。

別途ご連絡させて頂きます☆
ちびうさ | 2009.12.06(日) 18:44 | URL | コメント編集

●こんにちは、はじめまして!

ブログを拝見させている者ですが、私も社労士に魅力を感じています。
…がイマイチ分からない部分も多いです!
社労士の資格の強みって何ですか? 平凡な周りの人達は「弁護士や医者」を強い立場の人間に感じてる雰囲気があります。

たとえば、誰かが社労士相手に違法紛いの攻撃をされたら、社労士としてどんな防御が出来ますか?

たとえば公務員試験に受かったら自慢する人が多いと思いますが、社労士試験に受かったら、どの点が自慢になりますか?

大変失礼な質問をしているのは分かっているのですが、ぜひ教えていただきたいです!
sukekiyo | 2009.12.10(木) 19:18 | URL | コメント編集

●☆sukekiyoさま

ブログお読みいただき、ありがとうございます♪

sukekiyoさんは、社労士に魅力を感じているということは、
今から目指される方か、合格して登録するか迷っている方ということなのかしら?

社労士と言っても、ご存知のとおり 「開業社労士」と「勤務社労士」があります。
わたしは「勤務社労士」なので、開業を目指されているとしたら
少し考えが違うかもしれませんが、わたしの考えを書かせていただきますね。


> 社労士の資格の強みって何ですか? 平凡な周りの人達は「弁護士や医者」を強い立場の人間に感じてる雰囲気があります。

ここ数年の労働問題、年金問題で社労士がテレビに登場することが多くなってきましたが
現実的に言えば、「社労士って何?」と言われることが多いです。
ですから、わたしは社労士以外の勉強会では、あえて「社会保険労務士」とは名乗りません。

社労士としての強みと言っても、それは各自が登録後に勉強を重ねて
この分野ならば、誰にも負けないというのが、
それぞれの強みになるのではないでしょうか?
ですから、合格し登録しただけでは何も変わらないと想っております。

最も、ココは価値観の違いですから、
合格し登録したことで、自分に自信が持てるようになるのであれば、
それはそれで強みになると思いますよ。


> たとえば公務員試験に受かったら自慢する人が多いと思いますが、社労士試験に受かったら、どの点が自慢になりますか?

先にも書かせて頂きましたが、
わたしは社労士の勉強会以外では「社会保険労務士」と名乗ることはありません。
ですから、自慢するような事もありません。

だったら何故、このブログで「女性社労士」とブログ名をつけているのかと疑問に想われるでしょう。
ご存知かもしれませんが、わたしはネット上で問題演習サイトのスタッフをしております。
そのサイトとブログをリンクさせています。
問題演習サイトですから、そこに登録しているのは社労士受験生です。
社労士受験生にとって、社労士登録をしている人は、一種の憧れのように感じます。
それゆえ、少しでも受験生のモチベーションアップに繋がるのならばと名乗っております。
そして、こんな社労士もいるんだよってことも含めております。

また・・・わたしは公務員を退省した者です。
公務員だからと言って、自慢したこともありません。
ただ、初めての就職先が公的機関だったというだけです。

その後、わたしなりの考えで、自己都合で退職し
民間企業で働きながら、社労士の勉強を始め、現在は「勤務社労士」として登録しました。
開業社労士では賄いきれない、
勤務社労士だからできることだってあるんですよ。


ですから、sukekiyoさんが社労士にどんな魅力を感じていらっしゃるのかは解りませんが、
自分が目指そうと想った理由・どんな社労士になりたいのか?を
もう一度見つめなおされたら、
おのずと「社労士としての強み」も解ってくるのではないでしょうか?


わたしの勝手な意見ですから、お気に触る発言があったかもしれません。
どうぞ、その辺りは御了承くださいませ。
ちびうさ | 2009.12.11(金) 09:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。