--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.12/17(Thu)

課題提出ギリギリです。。。 

試験も週末に終わり・・・ ほっと一息つきたいところですが・・・

ちびうさ には、「産業カウンセラー」の 課題提出 が残っております。。。

提出期限、12月20日 sc04

第1回目の提出課題

課題レポート

テーマ:最も心に残っている私の少年・少女時代の思い出


う~ん。。。 これを400字以上、600字以内で書きなさいですと。。。


こんな仕上がりでいかがかしら


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 私は3歳の時から高校卒業時まで、約15年間ピアノを習っていました。習い始めたきっかけは、母親の意向だったようです。そして両親は私にピアノを購入してくれました。その購入してもらったピアノは今でも毎年調律を行い、既に約30年の月日が過ぎ去っていても、未だに綺麗な音色をかもしだします。
 
 幼い頃、私は何よりもピアノを弾くことが大好きで、よくピアノを弾きました。そして学校の行事等では、常にピアノ伴奏という大役をさせて頂いておりました。それは、とても嬉しいことと同時に、私の伴奏のミスから合唱・演奏等が台無しになってはならないとプレッシャーを感じる時もありました。

 練習を重ね本番当日に、見事ミスすることなく演奏が終ったとき、聴いて下さっていた方々からの会場いっぱいに盛大な拍手が鳴り響いた感動は今でも心に残っています。

 私はピアノを演奏することにより、少しずつ自信がつきました。また中学生になって部活動(テニス)との両立を成し遂げ、「継続力」ということの大切さも教えてもらった気がします。

 私にとってピアノとは、私を創りあげてきた一部であり、そして宝物でもあります。

 成人してから、自分でピアノを弾く機会は少なくなりましたが、今でもピアノの音色を聞くと心が落ち着くのは、私の成長に欠かせないものだったからかもしれません。

 私はそんな宝物のピアノが大好きです。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


このレポートの狙いは、幼い頃の自分はどんな感じ方をしていたのか、
と自分自身を振り返ることにより、自分の感受性とか感性に気づくこと。

そして、その感情を、他の人にどれだけ伝えることができるか。
単に行事や出来事だけを書くのではなく、
それらの事柄をどのように感じ、こころにどのように響いたのかがポイントらしいです。。。



一応、課題は出来上がった。
ギリギリなので・・・ 速達 で提出させて頂きます。


産カラ スタッフのみなさま、ごめんなさい。
次回 課題提出 は、ゆっくり余裕をもって提出させて頂きますから、今回だけは許してね☆



スポンサーサイト
【編集】 |  12:38 |  産業カウンセラー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。