--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.06/07(Mon)

今年も当たり年 

本日、会社に届いた郵便物 の中に


「賃金構造基本統計調査」の実施について


というものが入っていました。


見た瞬間の一言

「え゛っ今年もですか。。。」

昨年、調査書を出したばかりなのにーーーーーーーーー



この統計調査は 無作為に抽出された企業 が提出をするはずなのよ。

なのに、2年連続で当たっちゃいました~


調査内容は

労働者の番号又は氏名、性、労働者の種類、雇用形態、就業形態、最終学歴、年齢、勤続年数、職階又は職種、経験年数、実労働日数、所定内実労働時間数、超過実労働時間数、きまって支給する現金給与額、超過労働給与額、通勤手当、精皆勤手当、家族手当、昨年1年間の賞与、期末手当等特別給与額

ズラーっと書いてみました。。。

これらを、従業員1人1人 (人数が多ければ、抜粋して1/2人くらいだったと思います) を報告するものなんです。

イメージ沸かないですよね。とりあえず報告書は、こんな感じ


賃金構造基本統計調査


けっこう時間かかるんですよ


調査の目的
主要産業に雇用される常用労働者について、その賃金の実態を雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別等に明らかにすることを目的とする

と書かれています。

ちなみに、この調査の利用先は~


賃金構造基本統計調査



とりあえず、当たっちゃったので・・・これもお仕事です。

提出期限に間に合うように、がんばりまーす




スポンサーサイト
【編集】 |  15:55 |  社会保険労務士  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。